住宅ローンが超低金利の現在は住宅購入の好機です

 

住宅に関しては、持ち家派もいれば賃貸派もおられます。賃貸派の方の中には、生活パターンの変化に対応して自由に住み替えたいと言う積極的な意味合いで賃貸を選択される方と、自分達には持ち家は無理だと思い込んで賃貸にされている方がおられます。
賃貸派の中でも、後者の自分達には持ち家は無理だと考えられておられる方の中には、少し知識不足の方もおられます。新築の一軒家やマンションの価格と住宅ローンの返済額を見て諦めておられるのでしょうが、中古の一戸建てやマンションなら手が届く場合も結構あるはずです。
一定額の収入が毎月あるなら、住宅ローンの審査も通りやすく、1500~2000万円程度を35年ローンで借りれば、賃貸料よりもむしろ住宅ローンの返済額の方が低くて済むはずです。
無理をしない住宅ローンを組み、余裕分を貯蓄する事で、金利が高騰しだした時には繰り上げ返済をするつもりで借り入れ計画を組めば、さらに新築や大きな物件へのステップアップの可能性も出るでしょう。

 

一戸建て住宅なら、住宅自身の価値がゼロになっても、土地の価値だけは残ります。苦しい中で資産形成を考えなるなら、住宅ローン金利の低い時に中古物件を購入すると言うのも1つの方法なのです。