一戸建ての外構設計もちゃんと考えて

掛川市で建てた注文住宅に住んでいます。一戸建て住宅を建てる際には、外構にも気を配りましょう。ちゃんと考えて、外構の設計をしましょうよ。私からアドバイスを送るとしたら、そのことぐらいです。そして「わが家みたいに外構を作らないように」とも思います。

いや、失敗しているわけではないのですが、外構の設計について失敗したなぁと思うところがあるのです。それは、門柱にポストを設置しなかったことです。わが家は「郵便物を取りに行くのに、いちいち外に出るのが面倒臭い」という理由にて、ポスト付きの玄関ドアにしているのですよね。よくマンションのドアにあるようなあのタイプの玄関ドアです。

しかしわが家の外構の設計は、まずは門柱があってそこから枕木の道を少し歩いて、そして玄関へと到着するデザインです。ですから、郵便物をポストに入れるのには、わが家にずいずいと入って玄関前まで来なくてはならないのですよね。

仕方がないことだとはいえ、ふいに知らないおじさん(配達員さん)が現れるのにはビックリすることもありますよ。庭仕事をしている時なんかに。そして、配達員さんだろうとはわかっていても、知らない人が家の敷地内に入ってくることは、やはりあまりいい気持ちではありませんから。

まあそれもこれもポストの位置によるところなのですが。もうちょっと考えておけば良かったなーと、思っています。