元利と元金均等の2種類がある住宅ローン

住宅ローンには、様々な返済方式があります。一見すると表現は類似していても、返す金額に関する微妙な違いが見られるのです。

 
どういう事かと言うと、住宅ローンには元利均等や元金均等というタイプがあるのです。前者の元利均等は、手数料を一定にするタイプになります。

 
元利均等は、返済総額に関するデメリットはあります。元金均等と比べると、若干総額は高めになってくるからです。その代わり毎月支払う金額が、ほぼ一定レベルになります。

 
それに対して元金均等と言う方式の場合は、返済金額が若干高めになるケースも多いです。特に住宅ローンで借りた初期段階においては、やや高めになる傾向があります。

 
その分、返済トータル額に関するメリットがあるのです。上記でも触れた元利均等という方式と比べると、トータル額はやや低めになってきます。最初の負担が大きくても、トータルを減らしたい方々にはおすすめと言えるでしょう。

 
このように住宅ローンには、主に2つの返済方式がある訳です。どちらにするべきかは、それこそケースバイケースと言えるでしょう。